節電対策・エアコンの使い方

エアコンを普段どのように使用していますでしょうか。簡単な工夫でエアコンの消費電力をおさえ、環境・家計にやさしくなります。
「電気代がもったいない!」と思ってエアコンの電源をこまめに消す行為、これは一見電力を抑えているように見えますがエアコンが最も電力を消費するタイミングが温度を下げる時です。小まめにけすと一度室内の温度が上昇し、また起動させて設定温度まで下げようとします。これを繰り返すことで電力消費が多くなりますので、設定温度に達しましたらそのままエアコンを起動させておくと良いでしょう。エアコンは温度をさげるより温度を保つ方が消費電力が抑えられるのです。次に設定温度は1℃高めにしておくと、それだけで約10%の節電になるのです。また夜のつけっぱなしを控えタイマー設定を活用し、無駄な運転時間をなくします。またエアコンの風量は自動にしておくことがベストで、電力を抑えようと弱風にしていると、設定温度まで時間がかかり無駄に電力を消費する事になります。
また室温が暑い時は、設定温度を下げるのではなく風量を強くすることで電力を抑える事が出来ます。風向きはエアコンに対して水平である事が望ましく、更に扇風機を使用して風に流れを生ませることで効率よく室温を下げる事が出来ます。
小まめにエアコンをお掃除し、室外機の回りには物を置かないようにしましょう。