エアコンの取り付けについて

エアコンを購入した、エアコンを譲ってもらった、エアコンを移動したい、そんな時に自分で取り付け方を知っていると便利です。ただし新しいエアコンの取り付けの際、もともとあったエアコンを取り付ける場合は少々勝手が違ってきます。

エアコンは冷たい風を室内に供給してくれる道具で、その冷たい風を作るのに必要なガス・冷媒が配管内に溜まっています。エアコンを移動する際はこの冷媒ガスを室外機に溜めておく必要があり、素人が迂闊にエアコンを取り外すとガスが抜けてしまうことになります。またきちんとガスが回収できていないと、取り付けた際にガス不足によりエアコンの冷房が弱まってしまったり年々機能が低下することになります。

まずはエアコンを取り外す際に室外機にガスを送るポンプダウンを行います。エアコンを取り付ける際はこの冷媒ガスを解放させるのですが、配管内に空気が残っているとエアコンを故障させる原因となったりエアコンの機能がフルに発揮されなくなるのです。現在は真空ポンプを使用した真空引きによって配管内にある空気を追い出すのですが、少々時間がかかります。従来は室外機のガスによって無理に空気を追い出すエアパージ方法が手間もかからない為行われていましたが、空気も残りますしガスの漏れによって環境にも悪い方法でありました。真空引きは今は説明書にも記載されていますので、必ず行う手順です。取り付け業者によっては手間を惜しんでエアパージするところもありますので、必ず真空引きを行う業者を選びましょう。

このように手間がかかるエアコンの取り付けですが、正しい手順を踏むことで安く取り付けられます。確実にエアコンを正しく取り付ける為には、専門のエアコン取り付け業者に依頼することをオススメします。